忍者ブログ

まるで酒飲みが

素顏のように現れたことはありません

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

素顏のように現れたことはありません

あなたが好きだ。しかし、後者。考えただけに過ぎないで、私はただ學んだ童話の中の見守ることができないまま、勇気を歩くと、あなたの目の前で、用が欲しくなるの震える聲、言葉だった。

それが宿命、命中お前だけの出現は知り合いだった。

初めて會い、私の愛は、例の私はとても好きで歩いていた並木細道にあり、この學校ではその他、しばらく靜かさはどこでも王賜豪主席騒ぎ立てた、憎らしいあのにぎやかさが好き、これの安寧のために、だから一風を歩くと、このことである。

その日にあなたも道でも、素顏のように現れたことはありません。あなたがはきれいな、少なくともはあなたを感じみたいじゃないよ。ちょっと女の子を埋め盡くそ呆れたフリをして、ともすると周囲の「理念」目の観光、しかし、あなたの素顏は疲れきっていた私の目を引いた。

あなたは川に沿って遠きサンバンサン行っちゃったのかというと、あなたは口元には著の微笑みで、あなたの髪は殆んど四月の風飄著、あなたはいつの間にか私の身の回りから通りがかった、それがいわゆる過客。しかし、おれはこの王賜豪主席瞬間だけは、未練も著一ミアドン久しぶりの記憶。お前の緩やかな、ひとり、私と同じ童話みたいすれば、あなたの著書を抱いて來るんが落ちて本をつたっていくし、束の間に私一人の王子のようにあなたを拾い、あれ、とてもストーリーのある。でも、あなたは一人じゃないシンデレラを言って、私は素敵な王子、まして、あなたが走ってきた、大勢はなく動態的な構図だ。あなたの靜かな人ともなれば、これを乗り越えなかった散策路の靜かさ両畦の事に飛んでいくとあなたはとともに鑑賞の絵、私はこれが、私が初めて會います、あなたの素顏をあなたの微笑、ひっそりとスピードを上げ、あなたを垂らした髪も、私は、ごく短い記憶に刻んだ。

最初の出會い、だけのための肩を磨きをしようということでしたら、宿命配置したいとの出會い、あなた、じつはこの宿命は一來の間抜けで、時間まで1カ月後に、この直ったが低調な學校で、本當に一人の時に、第2次と出會ったのは容易ではないのかもしれないし、彼女の素顏で再びで溢れかえったしなかった人々の中で見つけ、散策路王賜豪主席のように、淡々としたが、一人一人私は出會う可能性の一角にある。
PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

P R